更新記事

iOS(iPhone/iPad/iPod touch)でGoogle Pulic DNSを設定する方法

中国ではDNSサーバの障害でネットが繋がらなくなったりWi-Fi接続時のネット接続が遅くなったりが日常茶飯事です。そんな時このページのDNS設定方法を覚えておくことで、接続速度を高速化したり接続不良を解決するのに役立ちます。

iOS-iPhone/iPad/iPod touchでのDNS設定方法

iPhoneやiPad,iPod Touchにて、ホーム画面から「設定」を起動して「Wi-Fi」を選択して、現在接続しているWi-Fiの接続先やDNSを設定したいWi-Fiの接続先(SSID)を選択します。

iosdns1
iosdns2

DNSの欄をタップして、Google Public DNSサーバのIPアドレスを入力します。入力は「優先するDNSサーバ,代替のDNSサーバ」といったフォーマットで入力します。カンマ,で区切るのを忘れずに。

iosdns3
iosdns4

↑の画像で設定したDNSサーバのIPアドレスは「8.8.8.8,8.8.4.4」となっています、これはGoogleが無料で公開してる「Google Public DNS」のアドレスで、普段自動で接続しているDNSサーバの調子が悪い時など、設定することで接続速度や接続の安定性が向上します。(体感でわかるか、わからないか程度ではありますが効果はあります。)

より速く、安定したブラウジングには「Google Chrome データセーバー(ベータ版)」を活用

ブラウジングの際は、Google Chrome データセーバー(ベータ版)を併用するとより速く安定したネットサーフィンが可能になります。

中国でWi-Fiを使ってVPNに接続してるのにiPhoneからLineやYoutubeに繋がらないし、読み込みがめちゃくちゃ遅いという時は、GooglePublicDNSを設定してみてください。

関連記事

コメントは利用できません。

お客様の声

お問い合わせ対応時間は日本時間12時〜17時まで お支払い認証可能クレジットカードはVisa,JCB,MasterCardです。銀行振込はジャパンネットバンク銀行で受付 会員ページログイン専用QRコード
ご利用開始までの流れ
無料体験会員登録ボタン&Sign Up
ページ上部へ戻る