更新記事

中国の国家インターネット情報弁公室の室長「中国政府は検閲などやっていない」と発言

中国では、Google,Facebook,Line,Youtube,Twitter,hulu,Netflixなど日本人や欧米諸国では当たり前に利用されているネットサービスが政府の意向で一般庶民には閲覧できない状態になっているという事は既に常識として浸透していますが、この程、中国の国家インターネット情報弁公室の室長Lu Wei(魯煒)氏が「中国は検閲などやっていない」という趣旨の発言を行ったという事で話題となっています。

HongkongFresPress記事

中国政府は”検閲”ではなく”管理”を行っているに過ぎない

Lu Wei(魯煒)氏

「国民は自由にインターネットを閲覧する事ができ、我々はあくまで『管理』しているに過ぎない。中国がインターネットの情報を検閲しているとの表現は誤っている。」と述べたそうだ。

また中国国外のWEBサービスへの中国からのアクセスをブロックしている事に関して「我々には付き合う友人を選ぶ当然の権利がある」と述べたとも言われています。

年々管理の厳しさをます中国社会

メールやチャット,SNS,テレビ,アニメ,書籍など、どんどん管理という名の検閲が強化されており、中国国民は自由な世界へアクセスする機会の多くを失い続けています。

中国国民のみならず経済的に中国と浅からぬ付き合いのある日本人も、現地での検閲に晒されます。しかしながら中国には「上に政策あれば下に対策有り。」という諺がある通り、多くの賢明な人々はこの厳しい検閲社会の中を「VPN」でやり過ごしています。

「月餅VPN」で中国のインターネット検閲に打ち勝とう

今年も多くのVPNサービスが中国からの攻撃によって、サービスをダウンさせられましたが、月餅VPNだけは無傷で運営しております。なぜなら、月餅VPNは日本国内で運営されており、ユーザーも日本人を対象としているからです。

中国でVPNサービスが遮断される原因の多くは、中国国民へのVPNの提供販売が問題になっているものと思われます。これから中国へ渡る皆様、既に中国で暮らしている皆様でもし、突然VPNが遮断されてしまったと感じた時は、月餅VPNをご利用ください。

月餅VPNは100%日本製のサービスで、日本のユーザー様専用サービスとなっておりますので、中国のVPN遮断のリスクはほぼありません。もし、VPNが遮断されたかもしれないと思ったら是非月餅VPNをお試しください。

月餅VPN無料会員登録はこちら

関連記事

コメントは利用できません。

お客様の声

お問い合わせ対応時間は日本時間12時〜17時まで お支払い認証可能クレジットカードはVisa,JCB,MasterCardです。銀行振込はジャパンネットバンク銀行で受付 会員ページログイン専用QRコード
ご利用開始までの流れ
無料体験会員登録ボタン&Sign Up
ページ上部へ戻る