更新記事

SMAPはジャニーズに残留が決定、メンバーが一連の騒動を謝罪

同グループの冠番組「SMAPxSMAP(通称スマスマ)」において生放送で謝罪

2016年1月18日(月)22時放送の「スマスマ」にSMAPメンバー全員が生出演して解散騒動についてそれぞれ心境を語った。

木村拓也メンバー:「今日は2016年1月18日です。先週から我々SMAPのことで世間をお騒がせしました。そしてたくさんの方々にたくさんのご心配とご迷惑をおかけしました。このままの状態だとSMAPが空中分解になりかねない状態だと思いましたので、今日は自分たち5人がしっかり顔を揃えて、みなさんに報告することが何よりも大切だと思いましたので、本当に勝手だったのですが、このような時間を頂きました」

稲垣吾郎メンバー:「この度は、僕達のことでお騒がせしてしまったこと、申し訳なく思っております。これからの自分たちの姿を見ていただき、そして応援して頂けるように、精一杯頑張っていきますので、これからも宜しくお願いいたします」

香取慎吾メンバー:「本当にたくさんの方々に心配をかけてしまい、そして不安にさせてしまい、本当に申し訳ございませんでした。皆様と一緒にまた今日からいっぱい笑顔を作っていきたいと思っています。宜しくお願いします」

中居正広メンバー:「今回の件でSMAPがどれだけ皆さんに支えて頂いているのかということをあらためて強く感じました。本当に申し訳ございませんでした。これからも宜しくお願いいたします」

草なぎ剛メンバー:「皆さんの言葉で気付いたこともたくさんありました。本当に感謝しています。今回、ジャニーさんに謝る機会を木村くんが作ってくれて、今僕らはここに立てています。5人でここに集まれたことを安心しています。」

木村拓哉メンバー:「最後に、これから自分たちは何があっても前を見て、ただ前を見て進みたいと思いますので、みなさん宜しくお願いいたします」

この謝罪を見た視聴者の反応は?(Twitterから)

SMAPの謝罪放送が切っ掛けかBPO放送倫理・番組向上機構のサイトがダウン

この騒動の発端は、メリー喜多川副社長が飯島氏(SMAP元マネージャー)に対して「SMAPを連れて事務所から出て行け」と発した事にあるのに対して、巻き込まれた側のSMAPのメンバー達が、メリー副社長の正当性とジャニーズ事務所の威を業界内外に示すために公開処刑のような形でメンバー達が無理矢理謝罪をさせられているように見え「パワーハラスメント」「ブラック企業の構図に似ている」と捉えた視聴者が多くいたようだ。

ネット上でそういった感情に同情するようなコメントが共有拡散されついにはBPOヘの通報祭りへと発展、現在2016年14:45現在、BPO放送倫理・番組向上機構(http://www.bpo.gr.jp/)は閲覧不能となっている。

関連記事

コメントは利用できません。

お客様の声

お問い合わせ対応時間は日本時間12時〜17時まで お支払い認証可能クレジットカードはVisa,JCB,MasterCardです。銀行振込はジャパンネットバンク銀行で受付 会員ページログイン専用QRコード
ご利用開始までの流れ
無料体験会員登録ボタン&Sign Up
ページ上部へ戻る