中国

  1. 中国公安当局「反テロ法」を初適用、山東省の男性を行政勾留処分

    記事では、男性が繰り返し海外の動画サイトから、「イスラム過激派組織IS(イスラミック・ステート)の戦闘場面などの映像や音声」を繰り返しダウンロードし、端末に保持していたためとしている。中国ではVPNがなければ、海外サイトを閲覧することはできない。

  2. 中国さらなるネット規制強化を検討か

    この草案が通った場合、どうなるのか?ドメイン名は政府監督下の事業体だけが提供する権限を持ち政府当局が承認しないドメイン名は自由に禁止できる規定となります。

  3. 中国でGoogleが利用可能に!?

    あの“万里の長城”を打ち破ったのか、それとも何らかの奇策を繰り出したのか-。インターネットの閲覧制限が厳しい中国で、グーグルの検索機能や写真共有サイト、インスタグラムの利用が、突然可能になった。

  4. 明日から中国の全人代、VPN規制強まる懸念

    明日からいよいよ中国で全人代が開催されますが、ここ数日、月餅VPNのアクセス数と登録者数が激増しています。今年に入ってからインターネットの規制、検閲に関する話題の尽きない中国ですが、全人代を明日に控えインターネット規制を強めている。

  5. 中国、3月10日より外国企業のコンテンツ配信を禁止へ

    月餅VPN気になるニュース「中国、3月10日より外国企業のコンテンツ配信を禁止へ」中国は、外国企業のインターネットコンテンツ配信を禁じる規定を現地時間2016年3月10日より施行する。

  6. 中国から日本のテレビが見れる謎のまとめサイトが登場

    去年11月末に襲った中国での「ihomeTV放送停止騒動」それ以来、徐々に熱りもさめて騒動は落ち着きまた元通りの生活に戻ろうとしています。

  7. 中国からサイトが規制されていないか調べてみた

    月餅VPNのサービス開始からもうすぐ1年1年前にくらべ徐々にではあるが、中国に滞在中の日本の方にも知られるようになりはじめたように感じます。VPNの使用レビューや比較サイトにも載せていただく記事もちらほら見かけるようになりました。

  8. 上海総領事館より春節に向けた注意喚起

    春節に向けた注意喚起1 春節前には各種犯罪被害が増加する傾向にあります。在留邦人の皆様におかれましては,通常以上に周囲への警戒を強め,自身の安全確保に努めていただきますようお願いいたします。また,休暇で自宅を長期間留守にする場合は,玄関や窓の施錠など,防犯対策に十分留意してください。

  9. CCNIC「2015年の中国インターネット環境報告レポート」発表

    CNNIC - 中国互联网络信息中心より2016年1月25日に「2015年の中国インターネット環境報告レポート」が発表されました。

  10. 深セン市における領事出張サービスのご案内

    2016年1月22日 16:35:27に届いた在広州総領事館からのお知らせです。在広州日本国総領事館領事班深セン市における領事出張サービスのご案内2016年3月の深セン市における領事出張サービス(予約制)を下記のとおり実施いたします。

電気通信事業者番号:届出番号A-26-13942

届出年月日:平成26年11月28日

ページ上部へ戻る