更新記事

Windowsでよく起こるVPNエラーと表示番号について

VPNエラー番号と意味

WindowsでVPN接続に失敗すると良く表示される警告と数字はどんな意味があるのか?

VPNで起ったエラーは警告表示された番号で何が原因で起ったエラーなのかわかります。

よく発生するVPNエラーの一覧

エラー:619
ご利用中の回線または、ブロードバンドルータ上でVPNの利用が禁止されている可能性があります。
対処方法:
1)プロバイダーにVPNの使用が可能か問い合わせしてください。
2)インターネットを接続する場所の回線管理者にVPNが利用できる回線であるかを問い合わせてください。
3)ブロードバンドルーターの機種名や仕様を調べてVPNパススルーが設定できる機種かを調べてください。
4)ブロードバンドルーターのファームウェアとWindowsアップデートでシステムを最新版に更新してください。
5)それでも正常に接続されない場合はサポートセンターに問い合わせを行ってください。
エラー:691
入力したVPN接続情報,ID(アカウント),パスワードが無効もしくはどちらかに入力ミスがある場合表示されます。
対処方法:
1)VPN接続アカウントやパスワードをもう一度確認してください。小文字アルファベットのエルと大文字アルファベットのアイの入力間違いが非常に多く発生しています。
2)一旦VPN接続設定をすべて端末から削除して最初から設定をしなおしてください。
3)それでもエラー番号が表示され続ける場合はサポートセンターに問い合わせを行ってください。
エラー:800
VPNサーバーに到達できない、またはセキュリティがソフトがVPNを阻害している可能性があります。
対処方法:
1)ブロードバンドルーターの機種名や仕様を調べてVPNパススルーが設定できる機種かを調べてください。
2)ブロードバンドルーターのファームウェアとWindowsアップデートでシステムを最新版に更新してください。
3)それでも正常に接続されない場合はサポートセンターに問い合わせを行ってください。

関連記事

コメントは利用できません。

お客様の声

お問い合わせ対応時間は日本時間12時〜17時まで お支払い認証可能クレジットカードはVisa,JCB,MasterCardです。銀行振込はジャパンネットバンク銀行で受付 会員ページログイン専用QRコード
ご利用開始までの流れ
無料体験会員登録ボタン&Sign Up
ページ上部へ戻る