更新記事

Windows 10 Google Public DNSの設定方法

中国ではDNSサーバの障害でVPNが繋がらなくなったりWi-Fi接続時のネット接続が遅くなったりが日常茶飯事です。そんな時このページのDNS設定方法を覚えておくことで、接続速度を高速化したり接続不良を解決するのに役立ちます。

Windows10のGoogle Pulic DNS設定方法

まずは画面右下のネットワークアイコンをクリックします。

windows10ネットワークアイコンをクリック

②ネットワーク設定をクリックしてください。

Winodws

③ネットワークとインターネットイーサネットアダプターのオプションを変更するをクリック

10dns③

有効なネットワークアダプターのアイコンを右クリックしてください。

10dns④

⑤プロパティ(R)をクリックしてください。

10dns'④

まず、ご自身のインターネットプロコトルバージョンを確認してください。こちらのページにアクセスし、「お客さまは◯◯ネットワーク環境よりこのページをご覧になっております。」と表示されている部分を確認してください。

10dns④⑤

次に接続のプロパティでインターネットプロコトルバージョン4(TCP/IPv4)またはインターネットプロコトルバージョン6(TCP/IPv6)を選択し右下のプロパティ(R)を開きます。先に開いたページで確認したプロコトルのプロパティ(R)を開いて設定を行います。使用していないプロコトルに設定を行ってもDNSが有効になりませんので必ず今接続に使っているインターネットプロコトルバージョンをこちらのページで確認してください。

10dns⑤
10dns⑤'

通常の場合はDNSサーバーのアドレスが自動取得になっていますが、今回はGoogle Public DNSを手動で設定しますので、次のDNSサーバーのアドレスを使う(E:)にチェックを入れてください。

10dns⑥

⑨インターネットプロコトルバージョン4(TCP/IPv4)の場合は上の段に「8.8.8.8」下の段に「8.8.4.4」を入力します。インターネットプロコトルバージョン6(TCP/IPv6)の場合は上の段に「2001:4860:4860::8888」下の段に「2001:4860:4860::8844」と入力し、左下の「終了時に設定を検証する(L)」にチェックを入れOKを押して設定を完了します。

10dns⑦_1
10dns⑦_2

数秒の間、設定の検証があります。正常に設定されている場合は、すぐに検証が終了します。

10dns⑧

ここまでの設定で接続がうまく行かなくなってしまった場合は、入力内容に誤りがないか、もう一度インターネットプロコトルバージョン内のプロパティを確認してください。全角数字で入力されていたり、無駄なスペースやドットやコロンが入力されている場合は正常に動作しない場合がありますので充分にご注意ください。

関連記事

コメントは利用できません。

お客様の声

お問い合わせ対応時間は日本時間12時〜17時まで お支払い認証可能クレジットカードはVisa,JCB,MasterCardです。銀行振込はジャパンネットバンク銀行で受付 会員ページログイン専用QRコード
ご利用開始までの流れ
無料体験会員登録ボタン&Sign Up
ページ上部へ戻る