更新記事

CCNIC「2015年の中国インターネット環境報告レポート」発表

CNNIC – 中国互联网络信息中心より2016年1月25日に「2015年の中国インターネット環境報告レポート」が発表されました。

2015年12月迄のの中国インターネットユーザー規模

インターネットユーザー数は6億8,800万人

インターネット普及率:50.3%

2015年の新増加ネットユーザー数:3,951万人

モバイルネットユーザー数:6億2,000万人

2015年の新増加モバイルネットユーザー数:6,303万人

インターネットユーザー中モバイルネットユーザー比率:90.1%(2014年は85.8%)

中国の農民の生活にもインターネットが普及して来ている

●中国ネットユーザー農民比率:28.4%(1億9,500万人)
2015年で1,694万人増加

中国のインターネットユーザーの学歴構成

2015年には、中学卒業以下の学歴のユーザーの割合が増加、10歳以下、40代、60代以上の割合が増加している。

中国で使用されているインターネット接続端末

モバイル端末がインターネット端末として利用されており、且つ、2015年に利用率が増加してる。
デスクトップ及びノートパソコンの割合が低下。タブレット端末の利用率も低下しており、モバイル端末の一人勝ち状態

中国のインターネット接続環境の推移

3G&4G接続:88.8%(増加)
Wi-Fi接続:91.8%(増加)

中国はWi-Fi環境が街中のいたるところでWi-Fi環境が整っている。空港やレストラン、カフェやホテルなど、ほとんど場合は無料でWi-Fiが利用可能だ。ただし、中国の携帯電話番号を使ってSMS認証登録を行わないと使えない場合もよくあるので、Wi-Fiが普及しているからという認識でWi-Fiルータもレンタルせずに日本から中国に入国すると痛い目を見ることもある

中国でよく利用されているスマホアプリランキング

1位:チャット等コミュニケーションツール

WeChatやQQなど圧倒的な利用率・シェアを占めてる。
中国では金盾(グレート・ファイヤーウォール)の統制下にあり、日本人には馴染みの深いLineやカカオトークといったチャットアプリは使用する事が禁じられており、多くの中国国民はアプリの存在自体をしらない。

2位:検索エンジン

中国では金盾(グレート・ファイヤーウォール)の統制下にあるため、Google検索をはじめとする検索システムは使用を禁じられている。

中国国内で人気1位はBaidu検索
2012年頃まで80%以上のシェアを取っていたことと比較すると、勢いは落ちているものの依然として不動のシェアNo.1。

2位はQihoo 360検索後発ながら、360のブラウザーやナビゲーションサイトのユーザー拡大に伴いシェアを拡大。サービスとしての認知度が高い。CEOの周鸿祎(Hongyi Zhou)は、Yahoo! ChinaのCEOを務めていた。

3位:搜狗(Sogou)検索2013年9月に搜狗の親会社である搜狐(SOHU),搜狗,Tencentは戦略提携を発表。搜狗とTencentの検索サービスである搜搜(SOSO)は合併され、『新搜狗』と呼ばれている。
Tencentは搜狗へ4.48億USDを出資。

3位:ネットニュース

最近はテレビや新聞など中国の官製メディアの信頼が失墜しており、国民はネットニュースや噂を信じ込むようになってきている。

4位:ソーシャルメディア・SNS

中国では金盾(グレート・ファイヤーウォール)の統制下にあるため、中国国内のSNSは厳しく取り締まられ、中国国内で閲覧することができない。その変わり中国版Twitterと言われるウェイボ(新浪微博)や中国版Facebook「人人网(レンレン)」などのサービスが普及している。

5位:ネット動画サービス

ネット動画サイトも厳しく取り締まられている。当然Youtubeやニコニコ動画、Fc2動画,Xvideoは厳しく閲覧の規制が掛けられており中国国内からは通常は閲覧することができない
ただし、ほとんどの人間は金盾(グレート・ファイヤーウォール)の回避方法を熟知しており、VPNを使用して中国国外のサイトを楽しんでいる

6位:ネット音楽

購入せずに聞ける音楽ストリーミングアプリの無法地帯、虾米,多米,酷狗などがある。

7位:ネット決済

WeChatペイメントやアリペイなどコンビニやカフェ等、スマホからあらゆる所で支払い可能。電子取引システムが急速に普及している。

8位:ネットショッピング

中国のEC化率は、15%を超え、2019年には33%まで伸びると予想されている。
現段階でも世界のEC取引の40%を占めており、2019年には世界の50%のEC取引を見込まれている。

9位:ネットゲーム

ネットゲームの普及はやや鈍い普及。一般市民の多くは呑気にゲームして遊んでいるところでは無いということだろうか?

10位:ネットバンク

現在厳しい金融政策の舵取りを迫られているだけに、ネットバンクの伸びは大きくない。

どうなる?2016年の中国インターネット情勢

中国は強力なインターネット規制を押し進めているにも関わらず、インターネットインフラは猛スピードで広がりを見せています。このまま情報統制不能になって社会主義が崩壊してしまうのか、はたまた完成されたインターネット統制が実現されるのか今後の中国インターネット情勢から目が離せません。

中国インターネット規制を突破する月餅VPN

関連記事

コメントは利用できません。

お客様の声

お問い合わせ対応時間は日本時間12時〜17時まで お支払い認証可能クレジットカードはVisa,JCB,MasterCardです。銀行振込はジャパンネットバンク銀行で受付 会員ページログイン専用QRコード
ご利用開始までの流れ
無料体験会員登録ボタン&Sign Up
ページ上部へ戻る